クレンジングシート★洗顔代わりに使うのはNG?正しい使い方&おすすめは?

恵希(あやの) 元エステティシャン

 

元エステティシャンがクレンジングシートについてわかりやすく解説!
クレンジングのことならお任せください♪

 

プロフィール詳細はこちら>>

 

クレンジングシート、外出先での化粧直しや疲れて帰宅した夜には使いたくなる便利アイテムのひとつです。
最近では洗顔効果も兼ね備えたものも販売されて、それだけで夜の洗顔までを済ませられるなら嬉しいですよね。
けれど、本当にシートで拭き取るだけで洗顔までの機能をこなせているのか疑問にも思うし、使うことにも不安を感じてしまう、なんてことはないですか?
本当にシートで拭き取るだけで汚れはきれいに取れているんでしょうか?
ここでしっかり検証です。できれば使いたいアイテムだから、必見です!

 

 

【クレンジングシート】洗顔代わりに使うのはNG?

 

クレンジングシートは拭くだけでメイクの汚れを落とすことを目的としていることを考えると、使用されている洗浄成分も強い効果を発揮するものと考えて正解。

 

 

水と油を混じり合わせるための界面活性剤の内、最も効果の高い石油を原料とした合成の界面活性剤が使用されています。
だからお肌にかかる負担も大。拭いた後にお肌に残った活性成分を処理するアプローチは必要です。

 

そして本来クレンジングと洗顔の使い分けの必要性は、クレンジングがメイクなどの油性の汚れを落とすのを目的としているのに対し、洗顔は細かなほこりや毛穴に詰まった老廃物など水溶性の汚れを落とすためのもの。
洗顔不要のクレンジングシートがこの本来の目的を充分に達成しているかは疑問。
後々のフォローは必須です。

 

毛穴に詰まった老廃物は取り除ける? 

むしろシートで汚れを覆う分、毛穴の中に余計に押し込んでしまう可能性大。

 

クレンジングシートが洗顔効果も兼ね備えているとしても、他のクレンジングや洗顔料との使い分けが基本。
これだけを常用できるものではないという視点で使いこなすようにするのがおすすめです。

 

敏感肌、ニキビ肌のご使用は控えて。
吹き出物や皮脂の分泌が盛んな脂性肌も状態を悪くする可能性があるので使用は控えるのが無難です。

 

クレンジングシートと洗顔シートは別物

洗顔効果を兼ね備えたクレンジングシート以外に、最近では洗顔シートとういものも市販されています。
これは根本的に洗顔を目的としたシートタイプのもの。
水溶性の汚れをふき取るためのものです。

 

クレンジングシートとは目的が違うと考えて、似ているので間違いそうになるのでご注意ください。
クレンジングシートが夜のメイク落としに使用するのに対し、洗顔シートは特に朝の洗顔替わりに使うのがおすすめです。
時短効果や水を使わずに洗顔できるので乾燥肌対策にも効果がありそう。

 

【クレンジングシート】洗顔代わりに使用するメリット・デメリット

 

クレンジングシートを洗顔代わりに使用するデメリット

常用できる洗浄力にかける

軽くふき取るだけで細かな汚れや毛穴に詰まった汚れまでは充分に落としきれません。
毎日常用するにはお肌に影響が出る可能性も。
頻繁に使えば、毛穴の汚れに雑菌の繁殖も許してしまい、吹き出物や肌荒れの原因になる場合もあります。

 

疲れた夜に簡単に済ませたのなら、翌日はしっかりクレンジングと洗顔をこなすというように、組み合わせて使用するようにしたいものです。

 

強すぎる洗浄力を持つクレンジング成分や洗顔成分がお肌に残ってしまう

シートタイプのもの、化粧水タイプのものでも、ふき取り用のクレンジングは、そのクレンジング成分や洗顔料などがお肌に残ってしまうことも大きな問題、そのための対策は必要です。
クレンジング成分は脱脂力も強く、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
常用すれば乾燥肌の原因になったり、バリア機能も損ないます。

 

ふき取る摩擦がお肌には負担

たとえ優しくふき取るよう心掛けても、その摩擦による刺激がお肌には負担になってしまう可能性大。
小さな亀裂が入ることで、角質層の組織を壊す原因になります。

 

頻繁に繰り返せば、キメをなくし、敏感肌になったり、メラニン色素にも影響して色素沈着を起す場合も。

 

クレンジングシートを洗顔代わりに使用するメリット

携帯ができて化粧直しに便利

携帯できるクレンジングはやはり必要。それが洗顔として使えるならやっぱり便利。
まず、使用するお水の量が少なくて済みます。
キャンプなどのアウトドアでの洗顔には通常の洗顔フォームなどは使いづらいもの。
そんな時にはやっぱり嬉しいアイテムですよね。

 

簡単だから疲れたときにラク

疲れて帰宅した後のスキンケアは面倒。サボってしまいたくなりますよね。
メイクしたままに眠ってしまったことの影響を考えれば、たとえ少々の難があろうと簡単に表面だけでも取ってしまいたくなります。それが洗顔まで出来てしまうならやっぱり持っていたい必須アイテムのひとつです。

 

メイクをしたままもお肌に残った油汚れは酸化して、毛穴に残って黒ずみになります。
これを改善させるには一苦労かかってしまいます。

 

乾燥肌対策になる?

シートには保湿効果の高い潤い成分が配合されています。
また、通常の洗顔では必要な皮脂まで洗い流し、乾燥の原因になることも。
そんなマイナスの原因をなくす乾燥対策としても有効?

 

要注意!クレンジングシートを洗顔代わりに使用するときの使い方

 

使用した後のすすぎ洗いは絶対必要!

クレンジングシートを使う時、使用された洗浄成分はお肌に残っています。
それをすすぎ洗いで流してください。
メーカーによっては必要なしと記載されているところもありますが、これは絶対すべき!

 

そのまま放置すれば強い洗浄成分の影響でお肌は機能低下、さまざまなトラブルの原因になってしまいます。

 

すすぎ洗いのお湯の温度はぬるま湯で

高すぎてもお肌には刺激になって負担、低すぎても毛穴が開かず充分に汚れを取りきれなくしてしまいます。
チョットした気遣いが積み重なって大きな効果の違いにつながってゆきます。
スキンケアはぬるま湯、清潔なタオル使用を当たり前と心がけて。
ゴシゴシ摩擦は控えて、パシャパシャ洗顔の後はタオルで水分を吸着させるようにふき取ってください。

 

その後のスキンケアは怠らないで

クレンジングシートを使ったその日のスキンケアは必要。
強い脱脂効果を持つ成分はお肌に必要な皮脂や保湿成分まで取ってしまっています。
化粧水で過剰な皮脂の生成を抑え、クリームでバリア機能のファローをすることで雑菌の繁殖や肌内部の水分の蒸発を防ぎます。

 

保湿成分配合とあるW洗顔効果を兼ね備えたクレンジングシートも、仕上げの脂溶性の栄養成分が配合されていなければ肌内部の水分は蒸発し、外気の影響も受けやすい状態で1晩を放置してしまうことになります。
これだけでスキンケアのすべてが補えるとあっても、やっぱりその後の化粧水とクリームでのケアは必要。

 

洗顔代わりに使える!お肌に優しいクレンジングシートを厳選紹介★

 

うる落ち水クレンジングシート

拭き取り用クレンジング/化粧水。

 

W洗顔不要でオイルフリーなクレンジングシート。
メイク落としから化粧水までをこなします。
化粧水由来の保湿性洗浄成分が潤いを守りながらメイク油を素早く浮かして包み込み、くすみの原因になる古い角質も落とします。
なりたい肌別選べるラインナップも嬉しい、使うたびに透明感のある美肌に導くクレンジングです。

 

  • 毛穴・角質クリアタイプ ブライトアップ
  • しっとり保湿タイプ モイスト
  • ハリ・弾力アップ エンリッチ

 

まとめ

シートタイプのクレンジングや洗顔料、便利グッズとしていろいろなタイプのものが市販されています。
その使い方もうまく使いこなせば、簡単便利な必須アイテム。
ただし、使いすぎにも注意が必要。
そのことをふまえて、応急処置な便利クレンジングで、ムリなくおしゃれに美肌キープです。

専門医厳選!種類別クレンジングランキング!

オイルクレンジングランキング クレンジングクリームランキング クレンジングジェルランキング
クレンジングバームランキング ホットクレンジングランキング ミルククレンジングランキング
炭酸クレンジングランキング リキッドクレンジングランキング 毛穴クレンジングランキング

関連ページ

うる落ち水クレンジングのクレンジング力がスゴイ!口コミレビュー
うる落ち水クレンジングを使用しての効果を本気で口コミレビューします。
ビオレ メイク落としふくだけコットンの口コミ|クレンジング力・効果・成分
ビオレ メイク落としふくだけコットンのクレンジング力や効果、成分など気になる全ての情報をガチで口コミします!
ビオレふくだけコットンうるおいリッチの口コミと実際の効果に迫る!
ビオレふくだけコットンうるおいリッチを試してみてわかった本当の話。テレビCMのように本当に落ちるのか試してみました。口コミレビュー行きます!
クレンジングシートは肌荒れしやすい?正しい使用方法&おすすめ商品
クレンジングシートを頻繁に使用していると肌荒れの原因になるってホント?賢いクレンジングシートの使い方をマスターして美肌キープしながら、活動的でデキる女もゲットです!
クレンジングシートでニキビが悪化!?今すぐやめるべき理由!
ニキビができやすいのにクレンジングシートを愛用してるなんて人は、今すぐ使用をやめるべきかも知れません!クレンジングシートはどうしてニキビに悪いのか?またクレンジングシートでニキビを作らない正しい使い方についても解説します。

このページの先頭へ戻る