敏感肌に合うクレンジングクリームとは?選び方のポイントとおすすめ商品

 

クレンジングクリームはお肌にかかる負担が最も少ないマイルドなクレンジング。
クリームという優しい使用感が、摩擦が刺激になる敏感肌さんにおすすめのクレンジングです。
けれど、本来メイクだって冒険しなければいけない敏感なお肌にクレンジングはやっぱり不安。
そこで、クレンジングクリームの選び方や使用法についてご説明します。
しっかり再認識して、敏感肌克服、キレイメイクで美肌ゲットですっ!

 

 

【敏感肌に合うクレンジングクリーム】選び方のポイント

 

 

お肌に負担になる刺激の強い化学物質は避けるべき?

香料や保存料、防腐剤やアルコールなど、通常のクレンジングには品質を維持させるための化学物質が含まれています。
敏感なお肌にはそれらの成分が負担になると考えて避けるのが無難。
たとえ使用した際に特に問題がなくても、使い続けることで少しずつより敏感な状態になってしまうことも考えられます。

 

天然由来のクレンジングクリーム

植物由来、天然成分のものは刺激の強い化学物質は含まれていません。
その植物の成分効果も加わって、潤い、しっとりとした洗い上がりのものも少なくありません。
お肌に合えば敏感肌の改善につながるかもしれません。

 

アレルギー成分が含まれていないか確認すること

けれど天然植物由来のクレンジングやそれ以外にも、赤みやかゆみが出る場合、お肌に合わないものなのかもしれません。
まずアレルギー成分が含まれていないかの確認が必要です。
もし、少しでも使用感に刺激を感じたら、お肌には合っていないと判断して使用は控えるようにしてください。
クレンジングもこれから毎日、長く使用します。たとえ軽い刺激程度だからと使い続けることでどんどんお肌の能力低下の原因を作ってしまいます。

 

クレンジングクリームの正しい使用方法★敏感肌を徹底ケア★

 

クレンジングはふき取りタイプではなく洗い流すタイプのものが、ふき取る際の摩擦の負担が軽減されるので敏感肌さんにはおすすめです。
まず、クレンジングの前に手洗い、充分に乾燥させてください。
手が濡れているとクレンジングの乳化作用が手に取った状態で始まって、洗浄力を低下させてしまいます。

 

ポイントメイクを専用のリムーバーで落とす

クレンジングクリームもポイントメイクを落とせるほどの洗浄力はありません。
アイメイクなどのポイントメイクは先に落としてからご使用ください

クレンジングクリームを適量手に取る

適量であることも大切です。多すぎてはお肌の負担となり、少なすぎるのはお顔全体に伸ばす際の摩擦が刺激になります。

手の体温で温める

これは乳化。手に取った時のクレンジングは水分が油分を包んでいる状態。これを油分が水分を包んでいる状態に転相させます。
お顔に伸ばした時素早くしっかりメイクと馴染ませるために行う行程です。

顔全体に伸ばして馴染ませる

クレンジングが軽くなった、柔らかくなったと感じたら転相できたしるし。お顔全体に伸ばして馴染ませます。
素早く馴染ませてください。所要時間は1分程度で済ませるのが理想です。
これはクレンジング剤の影響を出来るだけ防ぐため。クルクルと大きく優しく、内から外へ向けて馴染ませます。

再乳化

手に残ったクレンジング剤にお湯を加え白く濁った状態にします。
これは再乳化。もう一度水分が油分を包んだ状態に戻します。
すすぎのお湯でメイク汚れを落としやすくするために行います。

洗い流す

優しく36℃〜40℃程度のぬるま湯で洗い流します。
お湯の温度も大切です。熱すぎては刺激になり、冷たすぎても毛穴が開かず洗浄効果が落ちてしまいます。
ゴシゴシ洗いの刺激にも注意してください。

ふき取る

清潔なタオルでお顔を覆い、水分を吸着させるようにふき取りです。
タオルで洗い残しをふき取るような行為は厳禁。

 

洗い残しがあるように感じたら、洗顔料をクレンジング効果が含まれているようなものに変えて洗顔で対応です。汚れを吸着させてご使用ください。

 

敏感肌にはどんなクレンジングがおすすめ?

 

 

敏感肌さんにおすすめするクレンジングに、まずお肌への負担が大きい界面活性剤の使用が少ないものという条件があります。
鉱物油由来の界面活性剤は最も洗浄力に優れていますが、その強すぎる洗浄力でお肌に必要な成分まで洗い流してしまいます。
バリア機能の低下の原因にもなって、敏感肌さんには使用を避けて頂きたい成分。
クレンジングクリームはその使用量が最も少ないタイプのクレンジングなんです。

 

油分と水分のバランスの良いもの

クレンジングに含まれる油分はメイクを浮かせる働きをします。
少なすぎてもメイクの落ちが悪くなる、多すぎても今度はその油分を落とすために強すぎる界面活性剤の配合が多くなってしまいます。

 

肌への摩擦の少ないもの

敏感肌には馴染ませる時の指の感触や肌に触れる摩擦でさえ刺激です。
クレンジングにその摩擦の刺激を軽減させる弾力のある使用感は大切です。

 

以上の条件で選ばれるものはクレンジングクリーム以外なら油分が適度に含まれたクレンジングジェルがおすすめです。
ただし、油分がクリームと比較して少なめなので、優しく馴染ませる注意が必要。
最近では敏感肌でも大丈夫なクレンジングバームやそれ以外にもW洗顔不要で美容成分配合のものもいろいろに市販されています。

 

W洗顔不要

洗顔もクレンジング同様お肌にかかる負担は避けられません。その洗顔が不要であるなら嬉しい効果。
ただし、過信は禁物。お肌にメイクの残りが無いか、べたつきは無いかを確認して、必要であればマイルドな洗顔を加えるようにしてご使用してください。

 

美容成分配合

クレンジングや洗顔に美容成分が配合されているものも最近では多く市販されています。
せっかくの美容成分も洗浄剤で洗い流されてしまうようなイメージがありますが、そんなことはありません、
クレンジングや洗顔にかかる刺激を同時に緩和させる効果も高く、敏感肌さんにもおすすめのアプローチです。

 

敏感肌のスキンケアはどうしたらいい?

 

基本、敏感肌さんにメイクは負担、クレンジングの後のお肌はいたわってあげなければいけません。

 

洗顔

お肌と同じペーハーの弱酸性の洗顔フォームがお肌にかかる負担が少なくおすすめできるタイプです。
けれど最近ではマイルドなクレイタイプや固形石鹸でも、敏感肌でも使用できるもなどもいろいろに市販されています。

 

選ぶ基準は鉱物油・アルコール・保存料などの使用されていないもの。
洗顔もクレンジングと同じく、摩擦を避けて洗顔→ぬるま湯で洗い流し→清潔なタオルで拭き取りです。

 

化粧水

化粧水はまずは保湿重視です。効果の高すぎる美容成分が敏感肌さんには負担になってしまう場合も少なくありません。
まずはバリア機能の補強、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなどがおすすめの成分です。
しっかり補充は2〜3回の塗布を繰り返して。
一度にたっぷりの使用は、肌内部の水分まで蒸発させるのでかえってバリア機能を損ないます。

 

保湿クリーム

敏感肌さんに重たいクリーム使用は負担のように思いがち。けれど夜のケアや外出時には使用するようにしてください。
クリームは肌先端の皮脂膜の補強、低下しているバリア機能の回復に最も効果の高いアイテム。
乾燥対策には必須です。

 

日焼け止め、化粧下地

紫外線対策の日焼け止めは1年を通してご使用ください。
お肌の深部(真皮層)まで到達する紫外線A派は冬でも真夏の80%の量が地上に到達し、窓ガラスも通します。
日光の光が降り注ぐなら職場でも対策は必要です。
ただし、日中は油分が多すぎても化粧崩れの原因になるので、下地、日焼け止め、保湿を兼用できるクリームなどの使用が便利です。

 

敏感肌に最適なクレンジングクリームを厳選紹介!

 

POLA アリュークレンジングクリーム

上質な大人の女性を対象としたスキンケア商品の大手ブランドPOLAがホルモンと肌の関係に着目して開発、独自の美肌活用理論から誕生しました。
独自開発「ジェントルリッチ設計」は軽やかなタッチと敏感肌にも対応する低刺激性テストもクリア、肌への使い心地を第一に考えられたクレンジングクリームです。


ビオレこくリッチメイクオフクリーム

プチプラ、老舗、長く口コミでも定評の人気商品です。
リッチな「こく」でやさしく落としてもちもち肌。
天然由来保湿成分シアバタ―配合で、うるおいを守って洗うから洗い上がりはしっとりもちもち肌。
@cosme, amazon口コミで敏感肌さんにも好評です。


まとめ

敏感肌だからとメイクやおしゃれを諦める、なんてもう昔のこと。
しっかりメイクでキメて華やいだ席への出席も夢ではありません。

 

クリスマスや披露宴、フォーマルな催し事もいろいろ。
カレにもキレイと思ってほしいなんて当たり前の感情。
そのための努力は必要ですよね。まずはお肌に一番適したアイテムの使いこなしテクのマスターですっ!

関連ページ

POLAモイスティシモクレンジングクリーム口コミ|使った本音と効果
POLAモイスティシモクレンジングクリームを実際に使った主婦が本音で口コミ!【写真】公開!1ヶ月使った結果は・・
MAMEWクレンジング&マッサージ30日使用の効果を速報口コミ!
MAMEWクレンジング&マッサージを一ヶ月間使用しての効果を口コミレビューします。また、気になる成分や使い方などについてもお伝えします。
クレンジングクリームはニキビ肌に使ってOK? おすすめ商品も厳選!
「クレンジングクリーム」は、数あるクレンジングの中でニキビ肌に適しているのでしょうか?またオススメのクレンジングクリームは?気になるところを全部まとめてご紹介します。

このページの先頭へ戻る